読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JOIN ALIVE 2014

ライブ TOKIO

あらしらぶこん以来、8ヶ月ぶりの北の大地。
TOKIOさんが初めて夏の野外フェスに出演すると言うので、夏フェスデビューを見守りに行ってきました。



結論から言えば、いやぁ舐めてたなぁと。TOKIOを。

miwaちゃん前にスタンディングゾーンに降りてたんですけど、その時は立ってるスペースにある程度余裕があった訳です。気を付ければタオル回しも出来るなって程度に。
みわ終わった途端、まぁ押し寄せまくる人の波。ぎゅーぎゅーだよ。
身動き取れないどころの話じゃないっていう。
その場で周りの人の話とか聞いてた限りでは、ヲタもいたけどそれよりも明らかに一般の人が多かった。
あれだね、ジャニ的にはヲタが少ない人達だけど、一般知名度は本当に本当に高いんだね、っていうのを肌で実感しましたよね…

耐えきれない人達が少しずつ抜けていってすこーしずつ空間に余裕が出てきて、
スタッフさん達が水回したり濡らしたタオル?か何かを回したりして、
なかなかの人口密度の中何とか出番まで待機。
この日、日差しは暑かったりしてたものの、体感的には割と涼しいことが多くて。
なので比較的快適な気候で言うほど汗かいてなかったんだけど、この待機中一気に汗だくだったよ。
持ってこなくても平気だったかなーとか思ってた塩タブレット大量に消費したよ…
この待ち時間で一気にメイク落ちたので、顔が焼けたのはきっとこのせい。

14:45、定刻通りにスタート。

1. 宙船
2. Future
3. LOVE,HOLIDAY.
4. WATER LIGHT
5. リリック
6. Sunset.Sunrise.
7. LOVE YOU ONLY

出てきた瞬間、もうすっごい歓声で。
曲始まる前に既にモッシュ開始w
宙船は正直ロクに観てない。ひたすら押されまくって流されてた。
Futureもそんな感じで、らぶほりでーぐらいで若干落ち着いたのかなぁ。
落ち着いて観るのに集中できるようになったのは4曲目以降でした。
まぁずっと意地で何とか観てたけども!

宙船はやっぱり知名度抜群でしたが、Futureとらぶほりでーも結構認知されていたことに驚いた。
CMで流れてるってやっぱり効果あるのねー。
曲名知らなくても、ヤマトの曲、競馬の曲、ってのを知ってるって結構大きい。
みんなノリノリでモッシュしまくってました。いやまぁそこまでモッシュしなくても良かったんだけどね…w
しかしあんなにらぶほりでーをお客さん達が歌ってくれるとは。
うぉーうぉーだけとは言え、凄いよね。
最初の手拍子がどんどんズレたのはご愛敬だし、それに対して「気持ちは伝わったぜ」とまとめる長瀬さんも素敵。

で、4曲目。みんな踊ろうぜーでまさか…とは思ったんだけどやっぱりWATER LIGHTで吹いたw
本当に好きだねこの曲!ドリフェスに続けて持ってくるなんて!
間奏をながーくするという、この人達の悪い癖wが出てたけど、
振り返ればこの曲ここに持ってきたの正解だったかもなって思った。
この曲があったことで、やっとモッシュだの何だのが一旦落ち着いて、ただただ曲を聴く、という状態になったんだよね。
盛り上がるのも重要だけど、聴かせる時間もまた必要だと思うのです。
あと、シングル曲以外をヲタではない人達の前で披露するっていう、
そういうことをきっちりやる、その姿勢が本当に良いなって。
無難な曲だけで構成することだって出来るのに、敢えてやらない。らしいなって思う。

リリックも割と知られてるっぽかったなって印象。
でも騒ぐ曲ではないから、みんな聴き入ってた。

そして、まさかのSunset.Sunrise.…
何かそんな感じの音出してるな…って思ったらその通りで、ひぇーって感じ。
いや、これをやるとは。
時間帯が真っ昼間だったのが本当に惜しかった。夕暮れだったらとっても良かったのにね!
でも、ライトがオレンジで、それっぽくしようとしてるのは伝わったよ。
余談ですが、5月にさよならこくりつに行った時、
本当に唐突に、この曲をこの場所で聴けたら気持ち良さそうだなーと、何故か思っていたのです、実は。
野外で聴くのに合ってる曲だと思ってたんだよね、そしたらこれですよ。
尚更衝撃でしたよ、でも嬉しかったよ。野外で聴くこの曲はやっぱり心地よかった。

ここでちょこっとMC。
私らにしたら割と普通な感じで捉えてたんだけど、後々MC上手い!っていうのを見かけておぉそうなのか…と。
基準が麻痺してる。
宙船の時から唯一ずっと姿を確認出来てたのが国分さんだったんですけど
(キーボードだけ一段高くなってたからずっと見えてたっていう)、
最初ほんっとーに緊張してるなって顔してたんですよ。強ばってたもん。
それがね、MCで超楽しい!ちょーーたのしーーーー!!って言いまくってて。
お客さんの反応も良くて、安心したんだろうなーって思って、良かったねぇって。
あと、茂くんがいつものライブモードというよりはテレビのノリに近いなーと思ったらバイトのジョーさんだったようでw
マラソンだの何だの色んなものをネタできっちりぶっ込んでくるMC…
あ、もしかしてこの辺か、MCが面白いって言われてた所以は。

で、最後、20年前の曲、と言ったらみんなでLOVE YOU ONLYとコール。
いつもの振りをやろうとしたけど、序盤で諦めて周りに合わせて手を振ってましたwあの中でやり続けるの無理があったw
しかし、合間のPPPHはちゃーんと全員やってたのが面白かった。
歌ってくれーで、周りがみーんな歌ってたの。すごいなーって。
その前から、ずっと掛け合いのところとかも歌ってたし。
デビュー曲って偉大!と、ドリフェス以来にしみじみ思いました。
こう考えると、知られてる曲結構あるんだなーって思うよね。

盛り上がり最高潮で、出番終わり。ばいばーい。
最後、たいちが撮ってた写真、タヒチに載ってたね。
あの光景を目にしてどう思っただろう。
とりあえず私が思うのは、たくさんの人に受け入れられて良かったね、ってことでした。


終わった後はさすがに揉みくちゃにされて汗だくだったので、
しばらく休憩せざるを得なかったけど、もう他のところ行くのとか放棄したけど、
本当に本当に楽しかった!!という一言に尽きる感じ。
楽しかったなー、ちゃんと見届けられて嬉しかった。

後で聞いたところによると、後方の芝生エリアも総立ちだったとか。
色んなところに上がってる写真見る限り、それが嘘じゃないっていう。
人の数本当に半端無いし。うじゃうじゃ。
スタンディングゾーンから出るのも結構時間掛かったしね…規制かかっただけあったわ。
あと、知り合い曰く、その時間は他のエリアがスッカスカだったそうで。
本当、こんなことになるとは正直思ってなかったのです。
ある程度の注目を集めてるのはわかってたけど、ここまでとは。
想定の遥か上を行く集客をしたことに驚いたのと、嬉しかったのと。
次がMAN WITH A MISSIONだったというのもあそこまで人集まってモッシュが起きた一因ではあったと思うんだけど、
でも、それにしても集まってたよねぇ…

完璧だったかと言えばそうではなくて、
演奏面で言えば本人達も言っていたように宙船めっちゃ走ってたし
(それに釣られてモッシュが余計にキツかったんだろうなって思ってる)、
さんせっとさんらいず、途中でリズム何か狂ったよね?って思ったし、
まぁちょこちょこそういうのはあるんですけど、
でも、あの盛り上がりが全てだよな、と思います。
初めての夏フェス、大成功でしたよときおさん。

Twitterなんかに上がってるの、好意的な感想がほとんどで嬉しい限り。
歓声もずっと飛び交ってたもんねー、女の人の声より男性のが目立ってた印象。
他のバンドさんも結構観に来ていたようで、あと若手が挨拶に来ていたようで、
そういう交流が出来たのも大きいんじゃないかなぁって。


終わった後、タワレコブースでHEARTがよく売れていると聞いて確認の為に立ち寄り。
全種類置いてあったけど、初回2が1番減ってたね…効果あったんだなぁ。
ちなみに17とらぶほりでーと1718DVDも置いてあったよ。
しかし、HEART買っても、このセトリの半分も入っていないというね。
いや、その辺も流石と言うか何と言うか…
だから余計にビックリなセトリだったよなーって思ってるんですけどね…
ぶっ込むのが10年以上前の曲って、しかも特に定番でも無い曲って。
いや、ベスト売る気あるのかあの人達ww
あと、何かグッズ欲しい!ってなって物販行ってみたけど、TOKIOは売ってなかったー悲しいーって感想もあったんだよね。
ほら、売り時逃すのが得意すぎるよJストさん…
前のグッズ、きっと在庫あるんでしょ。それで良いから売りなよ…いやマジで…



ちょこちょこ色んな人の音に触れられたのも楽しかった。
みわもだけど、国立ぶりの狼さんが本当に良かった!やっぱり1回はちゃんとワンマン行きたい。
むむん聴きたかったなー、何でときおの直後だったん…無理やで…


個人的にもガッツリ夏フェス行くのは初めてだったんですけど、大満足の1日でした。色んなものいっぱい食べられたし。
苺すらいすもシカも美味しかったー
20周年のスタートをとっても良い形で切ることができたので、ツアー最終日までが楽しみです。





目下の悩みごとは、スルー予定だったサマソニに行くかどうかである…うーん…
しかし、今回の状況見ると、レインボーで大丈夫なのかっていう、その辺が割と懸念事項でして。
ちょっと観てみたいと思ってる一般の人、サマソニ出るからおいでーって思ってたけどこれまず入りきらないのでは。
さーて、どうなることやら。